太秦にてTVの収録

太秦スタジオ

京都出町桝形商店街にこっそり存在する
旅の情報ステーション京都「風の駅」です。

太秦って遠いな、収録ってどんなんやろ、と
不安ばっかりでバスに乗り、とりあえず帷子ノ辻へ。
時間も余裕たっぷりで、地図を見ながらスタジオに向かう。
住宅地図を眺めていたら、おばあちゃまが声をかけて下さった。
「うちここのもんやから。どこ行くの?」
「ああ、電気のなんかやな。そこ曲がったらすぐやからな」
おばあちゃま、ありがとうございます(^-^)
太秦の方達やさしい。ほくほくして歩いたらあっという間に
20分も前に到着してしまった・・

スタジオに電話をしたらすぐに迎えて下って、キャスターの方と
「風の駅」や「気になる京都3」について、しばし談話。
「その感じでええですよ」とそのままスタジオ入り。
結局台本は使わへんかった。
和やかな雰囲気やって緊張することなく撮り終えて。
ここでも色々なつながりのサプライズや、皆さんに美味しい店など教えて頂き。
結局「楽しかった」の一言。

行く前は嫌や嫌や思うんですけれど、
行っちゃうと楽しい思う事多いですね。
案ずるより産むがやすしってことでしょうか。
放送は来年1/17だそうです(J−comデイリーニュース)。

折角太秦まで来たのでお決まりの商店街散策。
近くに東映の撮影所があるキネマタウン、
映画の全盛期の華やかさはもう過去のものとなっているようですが、
それでもレトロなお店が林立しています。

あまりゆっくりはできなかったのですが、
魅惑的なカレーの香りに誘われて入った喫茶店が素敵でした。
マスターが40年続けていらっしゃるその店、
あの高倉健さんもカレーが大好きで足繁く通っていたそう。

私はハヤシとカレーのあいがけを頂いたのですが、
マスターが親切に美味しい食べ方を教えて下さりました。
健さんの気持ちが分かるようなここだけの味。
「カレーの味に負けるから先にハヤシを1/3、次にカレーを1/3、
最後に混ぜて食べたら絶品やからね。」

その通りでした。

カレーはスパイスが良く効いており、後から辛さがぐんと来ます。
なのでミックスジュースを追加でお願いしたら、
10年来通ったはる女優の貫地谷しほりさんが
オムカレーをお好きなそうなのですが、
辛いのが苦手でいつも一緒にミックスジュースを頼まはるのだとか。

こちらのミックスジュースは京都で1番美味しいのだそうですヨ。
フルーツの味がまろやかで、甘みがあってとてもカレーと合いました。
そうやってマスターにお話を聞かせて頂きながら
味わうカレー&ミックスジュースはより心に残りました。
この喫茶店はロサバリエと言います。

マスターが俺は80なんやでと仰るので、
「えっ、今時こんな若い80歳がおるんや・・・ カレー食べてたらこんなになるんやろか」と
内心思っていたら
「嘘や、68やで〜」とにっこり。

こだぬき、太秦でも騙されました。
どこでも騙されますね・・(_ _;)

でも、太秦、良いところで大好きになりました!!!
皆さんやさしいし、嵐電も走ってるし。
ほんまに楽しい1日でした。

下記より通販できます。


≫京都のホテル・宿 空室状況・予約



よろしければ応援お願いしますm(_ _)m 駅長、喜びます。


風の駅(出町桝形商店街内)
京都市上京区桝形通河原町西入る二神町176−2−2F 
ホームページ http://kazenoeki.main.jp
風の駅通販SHOP http://kazenoeki.theshop.jp/
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    categories

    profile

    search this site.

    archives

    selected entries

    others

    mobile

    qrcode

    links

    recent comment

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *