風の駅OPENです

かまくら

京都出町桝形商店街にこっそり存在する
旅の情報ステーション京都+図書サロン&旅する本屋「風の駅」です。

本日より2017年の風の駅OPEN致しました。
沢山の方が来て下さり、密度の濃い初日となりました。
ちょっと重荷だった案件も方向性を決めて後は進むのみ。
嬉しいお話も頂き、後は企画書づくり。前向きな話は考えるのも楽しくてわくわくします。
今年も1歩1歩着実に歩んでいきたいです。

さて、今年も初めていらしたお客様に
「悪いけれど、ここじゃあ人が来ないでしょう?
どうやって運営しているの?道楽でやっているのかい?
それとも公の補助金をもらっているの?」と尋ねられました。
何回この問いをされたことでしょうか。
でも、その方の口調から本当に心配や気になって
質問してくれているのがわかりましたから嫌な気はしません。
私だってそう尋ねたい店が有ったりしますし・・ね(^0^;)

さすがに経験値が上ってきたためか、最近はすらすらとこの質問に対する
回答ができるようになりました。

「仰る通り大きく儲かるような事業ではありませんし、このような内容だけに
補助金をもらってやれば?とアドバイス頂くことも良くあります。
でも、行政からの補助金は公のお金ですから、
福祉や医療や教育などもっと必要な所があると思っています。
その大切なお金をこの店如きが頂く訳にはいかないと。
私は今までサラリーマンをしてきました。そこで稼いだお金と出版等で繋いでいます。
この状態が必ずしも良いとは思いませんし、
もう少し収入を得る手段は考えなくてはならないでしょうが、
持ちこたえられなければそれまでの話です。
ただ、地方振興のためにも全国を知る、旅に出る
機会が得られるこの店は必要だと実感しています。
ですから、できる限り長くやっていきたいです」

お客様は「そうか。頑張ってね」と言って下さいました。

きっぱりそう断言した自分は少し恥ずかしくも有りました。
早くそういう心配をされないようにならなくてはと。

その後、今年からちょっと一緒に悪だくみをするフリーライターのMさんが寄ってくれたり、
かわいいKちゃんが手作りのクッキーをプレゼントしに来てくれて、
めっちゃほっこりしてしまいました。
次は、珈琲通の常連さんが今年も美味しいと言ってくれて一安心。

最後は高校まで盛岡に住んでいて、お兄様が岩手大学だと言う
お客様が、岩手大学の子らが陸前高田支援のために作った冊子を
偶然見つけて盛り上がったり、そのご友人が岡山にお住まいで
「岡山ってね、晴れの国だからめちゃ暑いんですよ。
うちにエアコン無いから南部風鈴欲しいんですよ・・」
と冬なのに風鈴選びをしたはったり。面白い日でした。

山人

 最後に岩手湯川温泉山人の情報続きます。
できたてのかまくらは夜になるとカンテラが置かれムーディに。
翌日の朝食はバイキング&イワナの干物&味噌汁。
そして西和賀名物の西わらび。見てください。こんなに長いんですよ。
とても粘り気があって栄養分も豊富なのだそうです。正に山の幸ですね。
手絞りのフルーツフレッシュジュース、湯田乳業のヨーグルトにはちみつ。
元気の出る自然いっぱいの朝食でした。

下記より通販できます(^-^)


≫京都のホテル・宿 空室状況・予約



よろしければ応援お願いしますm(_ _)m 駅長、喜びます。


風の駅(出町桝形商店街内)
京都市上京区桝形通河原町西入る二神町176−2−2F 
ホームページ http://kazenoeki.main.jp
風の駅通販SHOP http://kazenoeki.theshop.jp/
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    categories

    profile

    search this site.

    archives

    selected entries

    others

    mobile

    qrcode

    links

    recent comment

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *