美味しい珈琲有ります

珈琲

京都出町桝形商店街にこっそり存在する
旅の情報ステーション京都「風の駅」です。

土曜日はちょっと異色な風の駅でした。
Wさん曰はく「今日は哲学のカフェですね」
国際情勢から歴史・政治問題、異文化コミュ、精神論・・
ここにYさんが居たらこだぬきもっと熱くならざるを得なかったかもしれませぬ。
たまにはいいっしょ。固い風の駅もね。
東端に哲学の道、桝形商店街のおんぼろビルに哲学のカフェ(笑)
常時はやりませぬ。疲れるから。特別ですヨ!!

先日良く晴れた日、珈琲通のYさんに、新年1番美味しい珈琲を
飲ませてあげたくて西陣まで愛車を飛ばしました。
たどり着いたその噂の珈琲屋さんは大胆にも入口を全開し、
どうみても開いているのに、人の気配が無い。
こだぬき一生懸命「こんにちは〜」と呼びかけるも誰も出て来てくれない。
店内をうろうろしたり、飛び跳ねたり、
くるりと回ってみたりしたけれど、うんともすんともしない。

「うう、目の前に珈琲豆はあるのに」と悶々として15分。
やっぱり誰もいない。お客も来ない。
ビミョーに遠いこの立地、珈琲も入手できず立ち去るのか悩んだ末、
「そうだ、山中酒店のご主人がもしかしたら友達かも」と思い立ち、酒店に行くと、
ちょうど山中さんが店から出てきたところに遭遇❤
きっと新年のあいさつに来たのかな?と思ったと思う。
だのに早々に挨拶を済ませ、この窮状を訴えるこだぬき。
「や、山中さん、あそこの珈琲屋さん開いてるのに誰も出てこないんですう!!」
「あ?あ、配達にでも行ったはるのかな?」
どうもそこまでは親しく無い感じです。
「わかりました〜もうちょっと待ってみます。今年も又よろしくおねがいします」
山中さん、新年早々、お騒がせしてごめんなさい。
地ビール買えば良かったm(_ _)m

さて、戻って来たら丁度珈琲店のご主人らしき人が店に入っていく姿をキャッチ!
「こんにちは〜」
「ごめんごめん、コープ行っててん」
単に買い物に行っていただけのようでした(^0^;)

そんなこんなで、初めてだったのに話が弾みました。
珈琲をどうやって淹れているかを尋ねられたので、答えたら、
「珈琲詳しいねえ」と嘘のような一言をご主人が。
「違うんです。珈琲通の方がよう来てくれはって色々教えて下さるのです。
新年やからどうしても美味しい珈琲を飲ませてあげたくて。
こちらが美味しい聞いたんで買いに来たんです」
ご主人はにっこりして「そうか。いつでも珈琲のこと聞きにおいで。息子もおるから」と
仰って下さいました。

名刺を出したら
「早池峰山は知っているかい?秋田の鳥海山、山形の出羽三山、秋田の岩木山・・・
全部登ってん。東北の山が好きでなあ」と東北ファンのご主人でした。

すっかり店を開けるのが遅くなってしまったけれど、来てよかった。今度色々教えて頂こう。
そうやって珈琲を無事手に入れ、ほくほくしていたら、
なんとその件のYさんが、夕方にひょっこり来てくれて驚きました。以心伝心やなあ❤
と言う訳で新年早々、美味しい珈琲ございます(^-^)

下記より通販できます(^-^)


≫京都のホテル・宿 空室状況・予約



よろしければ応援お願いしますm(_ _)m 駅長、喜びます。


風の駅(出町桝形商店街内)
京都市上京区桝形通河原町西入る二神町176−2−2F 
ホームページ http://kazenoeki.main.jp
風の駅通販SHOP http://kazenoeki.theshop.jp/
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    categories

    profile

    search this site.

    archives

    selected entries

    others

    mobile

    qrcode

    links

    recent comment

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *