悠久の風文庫 最終日です

悠久の風文庫

京都出町桝形商店街にこっそり存在する
旅の情報ステーション京都「風の駅」です。

風の駅、本日日曜日もOPEN。
鞍馬駅の悠久の風文庫、風鈴展示は今日が最後です。
4か月に渡りお楽しみ頂いてありがとうございました。
実は色々な方が「あの文庫はいいね」と声をかけて下さったのです。
鞍馬のレトロな駅舎で風鈴の音を聞きながら、
本を楽しめたらどんなに素敵だろうと想像しながら作った悠久の風文庫でした。
宮澤賢治の「下ノ畑ニ居リマス」=誰が居なくても中で楽しんで=
という気持ちを掲げた小さな図書館。

こんなにお声をかけて頂けるなんて・・・嬉しかったです。

また来年の夏、鞍馬の小さな図書館で、
風鈴の音と悠久の時間の中でお会いしましょう。

追記:鞍馬駅で読書を楽しむたぬきの親子には会えましたか?
(詳細はたぬきねいり2をご覧くださいネ)
http://kazenoeki.theshop.jp/items/7158786

下記より通販できます(^-^)
叡電×風の駅×三鉄オリジナルマスキングテープは引き続き鞍馬駅でもお求めいただけます。


≫三重のホテル・宿 空室状況・予約



よろしければ応援お願いしますm(_ _)m 駅長、喜びます。


風の駅(出町桝形商店街内)
京都市上京区桝形通河原町西入る二神町176−2−2F 
ホームページ http://kazenoeki.main.jp
風の駅通販SHOP http://kazenoeki.theshop.jp/
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    categories

    profile

    search this site.

    archives

    selected entries

    others

    mobile

    qrcode

    links

    recent comment

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *